専業主婦でも借りれる目的別のキャッシング

スポンサードリンク

色々な目的別で借りれる!専業主婦OKのキャッシング

専業主婦でもお金が借りれるキャッシングでは、色々な目的に応じて融資が可能です。

 

 

専業主婦の方でも無職、無収入でも旦那さんなど配偶者に安定収入があれば融資が可能でお金が借りれます。

 

勿論、旦那さんや家族に内緒で借りれます。

 

 

実際に専業主婦の方がキャッシングをする場合、どんな時にお金を借りるでしょうか?

 

ざっと取り上げてみます。

 

 

【専業主婦がお金を借りる目的別】

 

買い物目的

 

 

生活費のため(これが多い)

 

 

教育費(子どもの塾や予備校、学費など)

 

 

旅行費用

 

 

冠婚葬祭など

 

 

車の費用(車検や整備費、購入にも)

 

 

ママ友や女子会での費用

 

 

ギャンブル目的(不良主婦?)

 

 

他のキャッシングの借金の返済のため(自転車操業?)

 

 

・・・ざっと書いてみましたが、こんな目的で主婦の人はキャッシングを利用しております。

 

 

 

旦那さんの給料だけでは足りないので「ちょっとキャッシグでも・・・」といった軽い気持ちでお金を借りる専業主婦も少なくありません。

 

 

 

ただ、最近では専業主婦の方がキャッシングをするのは少しハードルが高くなりました。

 

それは総量規制という法律が施行されたからです。

 

 

 

総量規制の法律が施行されるようになってからは専業主婦の方は「消費者金融系、信販系カードローン、クレジットカードのキャッシング枠」などからは借りれなくなりました。

 

どうしても上記の消費者金融系、信販系、クレジットカードキャッシング等で借りなければならない場合は旦那さんの同意書が必要となりました。

 

 

 

ただ、これでは内緒で借りる意味が無いので実質、上記のキャッシングからはお金が借りれないのと等しくなりました。

 

 

 

その為、最近では専業主婦の方はどこで借りるのかと言いますと、「総量規制対象外のキャッシング」から借りるようになりました。

 

銀行カードローンなどが、総量規制対象外のキャッシングなので、専業主婦でも借りれます。

 

 

 

銀行カードローンは消費者金融と同じくフリーローンなので、利用目的は自由です(但し事業性目的は不可)

 

 

低金利の銀行カードローンを利用して買い物や生活費、旅行費、教育費などを用立てする主婦も最近では少なくありません。

目的別〜専業主婦OKのキャッシング記事一覧

専業主婦でも借りれる教育ローンのキャッシング

お子様を持つ専業主婦にとって教育ローンは切っても切れない存在です。特に教育熱心な主婦は自分の子どもを良い校に行かせたいというのが人情でしょう。進学率の高い私立学校、や国公立。特に私立学校はお金がかかります。学費も結構高いですよね。また、名門の私立学校に行かせるために塾や予備校に通わせる親も多いですよ...

≫続きを読む

スポンサードリンク